され、反対側では、最初のエピソードの最初のショートプレイで使用されました。いくつかのプロップアーティストが最終的な組み立てにまだ忙しい「病院」の複合シーンは、再利用できるもののようです。

これらのシーンの真正面には、2台のカメラと、監督が使用するレンズイメージング監視プラットフォームがあります。また、側面に待機カメラがあり、天井の上に吊り下げられた回転するスイングロボットアームがあります。これは、制御室から吊り下げることができます。操作しますが、一時的に使用されていないようで、カメラがありません。

ドラマ「ワンダフルストーリーズオブザワールド」では、執筆委員会の予算は非常に少ないようですが、多くの補助スタッフ、無料の小道具、無料の設備が用意されています。実際、投資はずさんなものと見なすことができ西安桑拿网ますが、ほとんどの投資は可能です。再利用は特にけちです。

しかし、これは再利用できるので、日本のテレビドラマの制作会社があまり人気がないのも不思議ではなく、制作局のシ西安夜生活网ステムはコスト的に地面を踏襲する必要があると推定されています。

西安サウナの簡単なツアーの後、村上伊織は彼を「このように千原、」と呼び始めました。

彼はすぐに歩いて行き、村上伊織がトリビュートテーブルを設定するように人々に指示していることを知り、トリビュートテーブルは3つのレイヤーに分かれていました。はい、楕円形の顔、腰までの長い黒い髪、無地の着物を着て、最上階に斜めに座っている怠惰な人形があります。2階には、膝の上に2つの人形が着ています。シンプルで赤と白の魔女の衣装で、3階には魔法の道具、水、花、フルーツケーキが飾られています。

撮影が始まる前に、撮影をスムーズにしたり、作品が完売したりすることを期待するために、心の安らぎと崇拝をお願いしたいと思います。この西安サウナは理解できます。彼は2番目の主崇拝者を見ただけで、黒いクラブのオープニング香ホールとほとんど同じになりました。こちらも同じですが、拝んでいた人形を認識していないので、村上伊織に「これです」と

村上伊織は両手を合わせてそっとささやいた:「雲の中の少女だ、作家」人間の守護聖人。」

西安サウナはしばらく思い出したが、その名前の印象はなかった。村上伊織は彼が新人であることを知っていたので、彼に直接説明し、笑顔で言った。「古代には、王は気分を害したと言われている