の麺職人?相島ともみさんは定かではありませんが、見た目がとてもよく、in-situでデビューしても問題ありません。今日のメイクは問題ありませんが、若者が好きなさわやかなさわやかなメイクで、男性は口元で女性のメイクを見て、唇や口紅は重くない=メイクはしていません。

Chapter 208:(二番目に)

みなさん、こんにちは。カメラの前に立っている相馬智美さんは、微笑んで微妙で不快な顔をしており、コメディアンのようなフードレポーターではなく、真面目なレポーターです。最近、足立区に食べ物があるようです。新しいニュースが騒ぎを引き起こした。

インタビューはエリナから始まり、それは悲劇的なビジネスライフ、祖先の古い店に過ぎず、2時間の会話について話しましたが、実際にはショーが含まれる前にほんの数分でした。

この店の美しさは、女将であれ麺兄弟であれ、キラーレベルです。

しかし、この店にはオーナーとハンサムな男の子がいますか?Tomomiは店内に別のヘルパーがいることを覚えていますが、問題ではないので、彼女は食欲のあるこのハンサムな男の子にインタビューしたいと考えています。

カメラのレンズを向けると、制服を着た水野空はプロの笑顔で満足した。

このハンサムな男の子はハンサムであるだけでなく、レンズの感覚も持っています。智美はこの撮影の結果はかなり良いと思います。他のショーと比べると、聴衆は中年の脂っこいおじさんと一緒に麺を食べます。?

次のレベルに関係なく、外観には話題性があります。

伝説のラーメンですか?

伝説なんかで、ほんとうにほんとうにほんとに賞賛しすぎて、普通のラーメン。

ミズノの麺作りの舞台裏にカメラが伸び、あらゆる角度から撮影し、ほとんどの事故でラーメンを作るのと変わらなかった。特定の効果が人差し指を動かすことができるかどうかは、後の段階のレベルに依存する。

練りにかかる時間を数えることなく、数分で麺が作れます。

取り除き、スープ、材料。

ステージ前に一人、スプーン1本、水野、麺数杯を綺麗に並べました。

いいにおいがする。

相馬智美さんはもうラーメンのにおいがしました。

出来上がりましたので、ゆっくりご利用ください!

ミズノは麺をボウルに入れ、別のテーブルに置きました。インタビューが終わるのを待って、みんなに提供しますが、それまでに麺は間違いなく折りたたまれますが、フェイスファクトリーはそれを行う必