れは彼女の収入を減らし、人生の困難に陥るでしょう。正直に言うと、彼は本当に彼女の仲裁を助けるためにもっと持っていても構わないと思っています-良い人には報酬が与えられないといつも聞いているので、自分から始めて、できれば良い人を助けてください。

人生の非常に愚かな原則ですが、彼は時々そのような愚かさを犯しても大丈夫だと思います。

津村春樹は困惑した顔つきをし、絶望的な人生で喜びに満ちた少女を振り返った。何が起こっているのかわからなかった。その少女が作家になじみ深いなら、演技スキルがあまり良くない場合でも、脚本家は取るに足らない役割を手助けし、プロデューサーと監督は何も言わないでしょう、なぜそれは通行人の俳優と混ざっているのですか?

しかし、彼が理解しなければ、彼はまだ顔を出さなければなりません。

プロデューサーの主任責任システムの乗組員では、大きなダンジョンのボスは当然プロデューサーですが、ディレクターとリードライターは少なくとも小さなボスと見なすことができ、彼はせいぜいエリートモンスター、または道に沿って最も緑の衣装を着たゴミの一種です。エリートモンスターを比較する方法はありません。

乗組員が西安サウナに代わる場合、重傷を負うと推定されます。彼が彼に代わる場合、誰も何も感じない可能性があります。重要度はまったく異なります。また、たとえ彼が同意しない場合でも、西安サウナは深刻です。監督に何か言ってもらいますが、監督はそうではありません。彼の顔を反駁するということは、彼が作成西安夜生活论坛者と脚本家を何の理由もなく怒らせたことを意味します。そのため、どの観点から見ても、彼は従順である方が良いです。

彼はすぐに同意し、振り返って戻ってきて、機嫌が悪いと言いました:「銭源先生の顔のために、私はあなたにもう一度チャンスを与えます。ここに来て、私はもう一度撃つ規律を教えます、今度は黙って注意深く聞いてください!」

「はい、そうです!」とても行儀がよく、感謝の気持ちで西安サウナに行きたがっているのに、散歩したので頭を下げて津村春樹の言葉を素直に聞くしかありませんでした。

しかし、西安のサウナは少し歩き、消化されて再びスタジオに入ったところ、席に戻ると、小さな人物が立っていて、自分が書いた脚本の半分を見ていました。

あの小さな姿はとても敏感で、見た瞬間に振り向いて、深沢道子でした。

彼女