咬牙冲上去想拼一把。

结果,他们无一不是被林烟儿轻易击败之后,就更没有人敢盯紧林烟儿了,转而将目光投向了其他擂台。

正在众人都全神贯注看着比赛时候,没人注意到,在广场附近一株大树上,一只刺猬正探头探脑地望着赛场上的状况。见到林烟儿将一个一个对手打下台去,它咧了咧嘴,很快就从树上爬下来,而后钻进草丛之间迅速消失了。

这只刺猬,自然正是刺猬妖。

刺猬妖快速离开了碧淼城,又回到了鬼山之中,来到了西安桑拿他们之前避难的山洞。

不过,它并没有从地面进入山洞,而是在离山洞还有一段距离的时候,就钻进了一个小洞,从这个洞里穿梭到了山洞之内。

原来,昨夜风家派出来的人,已经到了他们在这山里的秘密基地探查过,发现现场状况的时候,他们都大惊失色,立即上报家族。到现在,这鬼山之中还有许多人在四处搜寻线索。

只是,因为不想引起太多的人注意,他们也不敢派西安夜网出太多人进入鬼山,更不敢将关键的高手派来,林幽兰只在洞口布置下一个幻阵,掩盖了山洞的存在,就将风家派来的人全部骗过去了

而刺猬妖此刻从小洞进入山洞,就是避开外面的幻阵。

当然,进入了山洞范围,刺猬妖也不敢太过深入,只是在洞口处就停下了。它甚至不敢开口,只是静静在外面等着。

原本它以为洞里的人知道它回来,会开口和它说话,让它意想不到的是,在它刚进山洞来不久之后,陡然,山洞深处却是一道恐怖的流光猛地而出

“咻”

流光破空,带着刺耳恐怖的声响。

ハリネズミの悪魔の心臓が突然彼の喉に言及し、見さえしませんでしたストリーマーがどんなものか知っていたのです

が、洞窟の外に叫び声がありました。それは怒りと恐怖を混ぜ合わせた老人の声で、すぐに消えました。

ヘッジホッグ悪魔が突然、私はこのチャネル攻撃がそれに反しないことに気づき、目が覚めたが、それはここの周りの人々とトラックに来たときに対してだけで知らない

、それは実際に守られて

、悪魔は助けることはできませんが、不安な推測ヘッジホッグ時間を。自分を追跡でき、鼻で見つけられない人は力を持っている必要がありますが、それが問題を引き起こすかどうかは知りません。

しかし、すぐに洞窟から鈍い声が聞こえてきました。「大丈夫、はい、両方とも大丈夫です。」

この声は林Youlanであり、ちょうど撃った人は当然彼女です。

「大丈夫です」とハリネズミはすばやく敬意を表し、「彼らのゲームは順調に進んでおり、トップ30に入り、テストの第2ステージに入