後に、商工会議所で特別会議が開かれましたが、この特別会議の理由は、この会議には閣僚を除いて民間人が少なくなかったためです。

島国は長年去勢されてきた軍隊から見ると、この場面は三人の将校の集まりであり、珍しく豊富な美徳とされており西安夜生活网、開会と同時に宮城県の黒天使たちの情報が流布された。店員の手。

角田市全体が戒厳令下にあり、交通?情報管理は大阪の羅生門と大仏に限られていますが、現在、角田市は小規模な攻撃であり、被害は西安桑拿网それほど厳しくありませんが、角田市の黒い天使の影響はあまりにも悪いです、敵は完全な宗教的な生き物です!

荘厳な外見はそれと完全に一致しており、すべての人を殺す力もあります。さらに悪いことに、Kong Ziは実際に天使に攻撃を仕掛けました。一撃で殺されたとしても大丈夫ですが、天使が天使によって即座に殺されたのは事実です。戦闘力の恐怖は驚異的です。

これは戦争である!

ステージでは、航空自衛隊が苦しそうに見えた。角田市での戦闘で、F15J戦闘機6名と経験豊富なパイロット6名が殺された。

そんな苦悩の中で彼を見ると、まるで自分の親戚がいるようだった。

超自然の存在は私たちの社会保障に対する脅威であるだけでなく、彼らは私たちの軍隊と戦う能力があり、今や完全に野心的であることを認識しなければなりません。

王子様、私たちの考え方を変える必要があります。

超自然的な存在が対面する前に、強力な空気力が

口の中で解決されました。天使は決定的な戦いの最終兵器になり、空中飛行機は、特に戦闘機を操縦するパイロットに関しては、完全に無駄な廃棄物になりました。それはもっと悲しいですが、島の軍隊は兵士を人間として扱う伝統がありませんでしたこれは古い軍事時代と自衛隊の間でそうでした。

敵と敵の間の格差を強調した後、将軍は直接彼らの真の目的を述べました:私たちの装備は古すぎて操作が多すぎません、すべての部分は深刻に老朽化しており、特に地上での攻撃方法の欠如です。

同じ年にF15Jの空中戦士が200人以上購入しました。東アジアで1位、アジアの小国でさえありますが、祖先としてモデルを捕まえることは不可能です。F15J戦闘機の一般使用年齢は20歳です。最古のものは昭和から平成まで使用されており、霊和時代まで使用されているようです。

時が変わった。Kongziの将軍はLuziを見ました。東京や大阪などの重要な都市に加えて、私たちの国には1億人が住んでいます。10万